メインページ ボーイスカウトとは? 川越3団について ビーバー隊 カブ隊 ボーイ隊 ベンチャー隊 ローバー隊 団委員会 隊員募集

隊員募集

ベーデン・パウエル卿

プライバシー保護

ボーイスカウトリンク

問い合わせ

ボーイスカウト日本連盟






世界の総長 ベーデン・パウエル(当時72歳)
デビット・ジャガー作  スイス・ジュネーブ本部会議室に展示

※以下ベーデン・パウエル=B−Pと表記します。

1.生い立ちから軍隊生活へ入るまで

 皆さんも、キャンプファイヤーを経験されたことがあると思います。元々アメリカ先住民族(インディアン)の風習であったキャンプファイヤーを青少年の教育活動として定型化されたのが、ベーデン・パウエル(イギリス人)です。

 このキャンプファイヤーを全世界に普及させたのがボーイスカウトです。世界スカウト機構に加盟している国は217か国に上り、メンバーは2500万人を数えます。 スカウト運動を経験した人の数は累積で2億5000人以上にのぼると言われています、これは20世紀最大の青少年運動であり、現在も世界最大の青少年団体です。

 B−Pは、1857年(安政4年)2月22日にロンドン、ウエストエンドに生まれました。母親のヘンリエッタ・ブレースは水彩画と音楽の優れた才色兼備の女性でした。父親のベーデン・パウエルはオックスフォード大学教授。幾何学と光学の権威でリベラルな神学者であり、牧師でもありました。

 B−Pは13歳のとき名門私学(パブリックスクール)の全寮制チャーターハウス校に入学します。学業はほどほどであったようですが、サッカーでは名ゴールキーパーで、楽隊やライフルクラブ、他人や動物の物まねさせれば右に出るものがないひょうきん者でエンタテナーだったのです。絵も非常にうまく、後の陸軍生活で多くの絵画・イラストを残しています。

 ベーデン・パウエルは父親が教授をしていたオックスフォード大学の入試を受けるが失敗します。彼は俳優か芸術家になりたかったので気落ちしませんでした。その後、家系に軍人がいたこともあり英国陸軍の試験を受けます。ここから31年間の軍隊生活が始まりました。



1.生い立ちから軍隊生活へ入るまで。

2.南アフリカマフェキングの英雄凱旋・・・ズールー族との出会い。(1888〜90年)

3.ブランシー島実験キャンプ・・・スカウティングの方法を試す。(1907年)

4.スカウティング・フォア・ボーイズを書き上げる。そして、晩年。(1908〜41年)

5.B−P(ベーデン・パウエル)の言葉


(参考文献:ボーイスカウト(中公新書)・スカウティング フォア ボーイズ 田中治彦著)




メインページ |  ボーイスカウトとは? |  ベーデン-パウエル卿について |  川越3団について |  活動予定表 |  隊員募集 |  プライバシー保護について |  リンク集
ビーバー隊 |  カブ隊 |  ボーイ隊 |  ベンチャー隊 |  ローバー隊 |  団委員会 |